2008/02/29fri.
【第3回】今さら人に聞けない不動産証券化
講師:
株式会社Asia Private Equity Capital 三駄 寛之 氏
 
不動産ファンド、J-REIT等の不動産証券化ビジネスがこの数年で市場規模を急速に拡大し、「不動産証券化」はもはや耳珍しいビジネスではなくなってきました。

しかしながら、業界未経験者はもちろんのこと、アセットマネジャー等のプロフェッショナル職に従事していても、職場を飛び交う横文字、何気なく使っている専門用語の数々、わかっているようで意外とわかっていないものです。

「これってどういう意味?」という言葉に遭遇しても、「こんなことも知らないの?」と思われるのが怖くて人に聞けないことが多々あります。

第3回目の不動産金融塾は、不動産証券化のプロフェッショナル株式会社Asia Private Equity Capital 取締役副社長 三駄寛之 氏をお招きし、「今さら人に聞けない不動産証券化」というテーマで、不動産証券化ビジネスの基本的な仕組み、キーとなる用語等について、わかりやすく解説していただきます。

【セミナー概略】
●不動産証券化の全体像
●信託受益権と現物不動産
●不動産の証券化スキーム
●ローン調達
●エクイティ出資
●J-REITと私募ファンド
●不動産証券化(金融)ビジネスの今後とプロとしてのキャリア形成
 ~今後不動産証券化のプロとして目指すべき方向とは~
三駄 寛之 氏
さんだ・ひろゆき
株式会社Asia Private Equity Capital

取締役副社長
1989年慶應義塾大学経済学部を卒業後、大和証券、その後外資系証券会社・運用会社にて主にファンドやデリバティブ金融商品のストラクチャリング、マーケティングに従事。2002年よりジョイント・コーポレーショングループにおいて不動産私募ファンド組成からJ-REITの立ち上げまで幅広く携わる。J-REITの運用会社であるジョイント・キャピタル・パートナーズの社長として2005年7月にジョイント・リート投資法人を上場へと導くなど、「日本の不動産を変えたい」という想いで金融業界から不動産業界へ飛び込んだアントレ精神に溢れる牛若丸的存在。現在は同投資法人の執行役員を務める傍らプライベートエクイティ投資を行う株式会社Asia Private Equity Capitalの副社長として更なるフィールドで活躍している。CFA協会認定証券アナリスト(C.F.A.)

開催日時:
2008年2月29日(金) 19:00-21:00(終了後、懇親会を予定しています)
開催場所:
エムユーシー株式会社 ミーティングルーム(地図
定  員:
20名
参 加 費:
8,000円(懇親会の費用を含みます)
協  賛:
RMJ(リアルエステートマネジメントジャーナル)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。