2008/10/10fri.
【第9回】不動産企業投資ファンドの実態とは!? ~
どのような不動産企業に投資をするのか?
講師:
株式会社コロンブス 小山 努 氏
 
第9回不動産金融塾は、1兆4千億円以上のAUM(預かり資産残高)を誇るダヴィンチグループ株式会社コロンブス 代表取締役兼CIO 小山努(こやま・つとむ)氏をお招きして「不動産企業投資ファンドの実態とは!?」というテーマでお話いただきます。

株式会社コロンブスは、ダヴィンチグループの戦略子会社として豊富な資金力(約2000億円)を活かし、「日本国内に上場する、広義の不動産関連企業等」に対して、投資先企業の資産売却ではなく、経営陣と共に不動産の有効活用を行い、長期的な視点での企業価値の最大化を目指した投資活動を行う日本で唯一の「不動産企業投資ファンド」です。

代表取締役兼CIOとして株式会社コロンブスの陣頭指揮をとる小山努氏に、謎のベールにつつまれている不動産投資企業ファンドの実態、並びに益々混迷を極める不動産マーケット・金融マーケット環境の分析、今後の投資戦略等をわかりやすく語っていただきます。

■セミナー概略
 1.不動産企業投資ファンド、株式会社コロンブスの概要
  ・不動産企業等に対する有価証券投資を行うコロンブスの会社概要
 2.ファンドの概要
  ・コロンブスが運用するファンドの特徴、戦略とは?
  ・投資対象は?
 3.投資環境について
  ・止まらない新興不動産企業の倒産
  ・下落するJ-REIT
  ・不動産マーケットの変調、金融マーケットの影響
 4.投資実績
  ・コロンブスの投資先、投資規模
 5.まとめ
  ・魅力ある投資先とは?
  ・現時点の投資スタンス

■講師メッセージ
混迷する不動産金融業界におけるファンドの役割についてお話させていただきます。
小山 努 氏
こやま・つとむ
株式会社コロンブス

代表取締役兼CIO
日本大学理工学部卒。株式会社大京に入社。同社退社後、University College London(ロンドン大学)大学院にてMS(Construction Economics and Management)を取得。創業期の株式会社クリードにてデューデリジェンス業務に従事。2000年住友基礎研究所に入社。不動産投資研究部門で、不動産投資ファンドおよびJ-REITの調査・分析を担当。2002年ダヴィンチ・アドバイザーズ入社。アセットマネジメント業務、コアファンドの組成・運営業務に従事。2004年ダヴィンチ・セレクト取締役に就任し、DAオフィス投資法人(J-REIT)のIPOを手がける。2006年より未公開企業投資、提携上場株投資に従事。2007年11月株式会社コロンブス 代表取締役兼CIOに就任。

【主な著作等】
不動産ファンドの評価と分析(共著:東洋経済社出版)
豪州プロパティートラスト(共著:近代セールス社出版)
国有財産管理センター季報、フィナンシャルアドバイザー、マネージャパンなどへ執筆

開催日時:
2008年10月10日(金) 19:00-20:30(終了後、懇親会を予定しています)
開催場所:
エムユーシー株式会社 ミーティングルーム(地図
定  員:
20名程度
参 加 費:
8,000円(懇親会の費用を含みます)
協  賛:
RMJ(リアルエステートマネジメントジャーナル)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。