2008/11/21fri.
【第10回】オフィスマーケットの動向と展望 ~
過去から現在までの変遷と最近の市場の変化、
   5年後のマーケットの展望
講師:
シービー・リチャードエリス総合研究所株式会社 前澤 威夫 氏
 
第10回不動産金融塾は、シービー・リチャードエリス総合研究所株式会社 東京本社 専務取締役主席研究員 前澤威夫(まえざわ・たけお)氏をお招きして、「オフィスマーケットの動向と展望~過去から現在までの変遷と最近の市場の変化、5年後のマーケットの展望~」というテーマでお話いただきます。

不動産金融業界は、オフィスビル投資を中心に展開・発展を続けてきました。特に都心部のオフィスビルは、近年の大型不動産投資需要の安定した受け皿として大きな役割を果たしています。

しかしながら、サブプライムローン問題に端を発した信用収縮、ドル安・円高、株安等々世界的金融危機による景気の減速は、今まで堅調に推移してきたオフィスマーケットにも不穏な影を落とし始めています。

過去から現在に至るオフィスマーケットの動向、そして中長期的な将来予測を、豊富なデータに基づき解説していただきます。

■セミナー概略
  1.全国主要都市オフィスマーケットの現状と見通し
  空室率、供給面積、需要面積などからマーケットを概観
 2.東京23区オフィスマーケットの現状
  セグメントされた需給関連データを基にマーケットの傾向を探る
 3.東京23区オフィスマーケットにおける変化
  賃料改定状況と景況判断などから、マーケットの変化を解説
 4.テナントのオフィスに対する意識
    テナントへのアンケート結果から、現在のオフィスに対する問題意識等を解説
 5.東京23区オフィスマーケットの展望(短期と中期)
  今年末までの予測と当社手法に基づく5年後のマーケットの推計

■講師メッセージ
「ファンダメンタルでみる限り賃貸オフィスマーケットはある意味底固いことを、豊富なデータを駆使して検証します。加えて将来予測も行っていますが、これは他社ではあまり見られません。」  
前澤 威夫 氏
まえざわ・たけお
シービー・リチャードエリス総合研究所株式会社

東京本社 専務取締役主席研究員
【略歴】
1986年関西大学法学部卒。生駒商事?(現 シービー・リチャードエリス?)入社。平成2年?生駒データサービスシステム(現:シービー・リチャードエリス総合研究所?。2008年10月社名変更)へ出向。現職に至る。 オフィス開発関連調査・及びコンサルティング、オフィスマーケットに関する講演活動、オフィス市況に関するレポートの作成・公表などを行なう。 主な実績として、「みなとみらい地区オフィスビル開発計画に関する調査・コンサルティング」、「さいたま新都心オフィスビル開発計画入札に関する基礎調査」、「東京臨海副都心オフィスビル開発計画に関する調査・コンサルティング」、「渋谷駅ビル開発計画に関する調査・コンサルティング」、「不動産白書」の製作・監修(毎年、シービー・リチャードエリス総合研究所にて発刊)等がある。

【主な著作等】
投資・証券化のための不動産の調査・分析・評価の実務(共著、住宅新報社)
不動産鑑定、不動産東京、不動産流通などへ執筆

開催日時:
2008年11月21日(金)19:00-20:30(終了後、懇親会を予定しています)
開催場所:
エムユーシー株式会社 ミーティングルーム(地図
定  員:
20名程度
参 加 費:
8,000円(懇親会費用を含みます)
協  賛:
RMJ(リアルエステートマネジメントジャーナル)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。