2009/12/02wed.
【第17回】不動産デリバティブについて
講師:
株式会社三菱総合研究所 長谷川 専 氏
 
第17回不動産金融塾は、株式会社三菱綜合研究所 社会システム研究本部 政策マネジメント研究グループ 主任研究員 長谷川 専(はせがわ・あつし)氏をお招きして、「不動産デリバティブについて」というテーマで講演いただきます。

証券化による信用創造の膨張とその崩壊によってもらされた金融危機と不動産価格の下落は、不動産投資はやはりリスクが高いものだとして、不動産投資マーケットに対する投資家のマインドを大きく冷え込ませてしまいました。

マーケット全体の価格変動による大きな投資リスクを回避する有効な手段のひとつとして今注目されているのが、不動産デリバティブです。

日本ではまだ不動産デリバティブに対する取り組みが遅れており、金融当局もやっと年内に不動産でデリバティブに対する方針を出そうかという動きが出始めたところです。

今回の不動産金融塾は、海外における導入事例等を交えながら、そもそも不動産デリバティブとな何なのか?、今後の日本のマーケットへの導入可能性・課題等を不動産デリバティブ日本市場導入に向けて日本の最先端でご活躍されている長谷川 専氏にわかりやすく解説していただきます。

■セミナー概略
1.不動産デリバティブとは何か?
2.不動産デリバティブの海外の動向
3.わが国における不動産デリバティブの可能性
4.今後の課題と展望

■講師メッセージ
欧米等の先進国においては、不動産の価格や収益等の変動による影響をヘッジし、効率的な不動産投資・不動産経営を行うためのツールとして不動産デリバティブが市場を形成しています。わが国における取引実績はまだありませんが、CRE戦略が浸透しつつあり、またサブプライム問題を踏まえた不動産リスクマネジメントの必要性が再認識されつつある中で、将来に向けて不動産デリバティブの知識を持っておくことは重要と考えます。
長谷川 専 氏
はせがわ・あつし
株式会社三菱総合研究所

社会システム研究本部 政策マネジメント研究グループ 主任研究員
1993年3月 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻修士課程修了
1993年4月 ?三菱総合研究所入社(現在に至る)
2005年9月 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻博士課程修了(博士(工学))
東京工業大学大学院理工学研究科連携准教授兼任(2007年4月~)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科非常勤講師兼任(2004年4月~)

各種リスクの分析・マネジメント等に係る業務に従事。

【主な著作等】
・「投資決定理論とリアルオプション」(共訳)エコノミスト社
・「入門リスク分析」(共訳)勁草書房
・「リアルオプションと経営戦略」(共著)シグマベイスキャピタル
・「リスク学用語小辞典」(共著)丸善

開催日時:
2009年12月2日(水)19:00-20:30(終了後、懇親会を行います)
開催場所:
Cafe & Dining SCENE(シーン) 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル1F
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含む。本格イタリアン料理をお楽しみいただけます)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。