2012/09/13thu.
【第36回】賃料反転前夜の東京オフィスマーケット ~2012年の大量供給でも空室率は好転?
講師:
シービーアールイー株式会社 前澤 威夫 氏
 
第36回不動産金融塾は、シービーアールイー株式会社 CBREコンサルティング シニアディレクター 前澤 威夫(まえざわ・たけお)氏をお招きして、「賃料反転前夜の東京オフィスマーケット ~2012年の大量供給でも空室率は好転?」というテーマでお話いただきます。

ファンドバブル崩壊後、日本経済衰退の象徴的現象として、オフィスマーケットは過去類を見ない賃料下落、空室率の上昇に悩まされ続けてきました。

そして2012年、新築ラッシュによる床の大量供給問題。

しかし一方で、賃料が底打ちし、空室率が好転し始めているという兆候も見え隠れするという微妙な状況にあります。

今オフィスマーケットに何が起き、今後オフィスマーケットはどうなっていくのか?

オフィスマーケットリサーチの第一人者 前澤威夫氏に、オフィスマーケットの現状、今後の見通しについて最新のマーケットデータを基にお話していただきます。

■セミナー概略
1.後退局面とも見える需給バランスの悪化
2.大量の新規供給と需要伸張の綱引き
3.新規賃料は本当に底打ちなのか?
4.属性別・エリア別回復傾向の差異
5.マクロマーケットの今後の見通し

■講師メッセージ
30万坪近い供給が行われる東京オフィスマーケットにおいて需要は供給に追いつくのか、それは何時になるのかと言った視点で考えてみたいと思います。
前澤 威夫 氏
まえざわ・たけお
シービーアールイー株式会社

CBREコンサルティング シニアディレクター
【略歴】
1986年関西大学法学部卒。生駒商事?(現シービーアールイー?)入社。平成2年?生駒データサービスシステムへ出向(2011年にシービーアールイー?に統合)。現職に至る。 オフィス開発関連調査・及びコンサルティング、オフィスマーケットに関する講演活動、オフィス市況に関するレポートの作成・公表などを行なう。 主な実績として、「みなとみらい地区オフィスビル開発計画に関する調査・コンサルティング」、「さいたま新都心オフィスビル開発計画入札に関する基礎調査」、「東京臨海副都心オフィスビル開発計画に関する調査・コンサルティング」、「渋谷駅ビル開発計画に関する調査・コンサルティング」、「不動産白書」の製作・監修(毎年、シービーアールイー?にて発刊)等がある。

【主な著作等】
投資・証券化のための不動産の調査・分析・評価の実務(共著、住宅新報社)
不動産鑑定、不動産東京、月刊不動産流通などへ執筆

開催日時:
2012年9月13日(木)19:00-22:00(講演90分、懇親会90分)
開催場所:
Cafe & Dining SCENE(シーン) 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル1F
※参加人数により会場が変更となる場合がありますのでご了承願います。
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含む。本格イタリアン料理をお楽しみいただけます)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。