2014/06/04wed.
【第46回】2020年の都心5区オフィス市場の展望
~企業の行動が市場を変える
講師:
野村総合研究所
 金 惺潤 氏
 
第46回不動産金融塾は、野村総合研究所 上級コンサルタント 金 惺潤(きん・せいじゅん)氏をお招きして、「2020年の都心5区オフィス市場の展望~企業の行動が市場を変える」というテーマでお話いただきます。

金 惺潤(きん・せいじゅん)氏は、2013年に「不動産投資市場の研究~1992年から2011年までの市場変遷と投資行動の二十年史~」を執筆、業界人の大きな話題となりました。

これから都心5区のオフィス市場は大きな構造変化を迎えます。

市場を変化させるのは、他でもないテナントであり不動産所有者である企業の行動であるという視点で今後の都心5区のオフィス市場の構造変化を考察していただきます。

都心5区オフィス市場の勢力図はどう変化するのか。

勝ち組エリア・負け組エリアは?

とても興味深い議論展開が期待されます。

■セミナー概略
1.都心5区オフィス市場が直面する課題
2.企業戦略から捉えるオフィス供給動向
3.政策・人口動態・インフラ整備などが与える影響
4.都心5区の勝ち組・負け組エリア
5.今後の不動産投資で心得ておくべきこと

■講師メッセージ
空室率や賃料は需給バランスだけで決まるのか。本講演ではそれらに加えてデベロッパー、鉄道会社などの企業戦略が大きな要素であることを説明する。それらを踏まえ、都心5区オフィス市場の構造的変化、勝ち組エリア・負け組エリアの展望を議論する。

金 惺潤 氏
きん・せいじゅん
野村総合研究所

上級コンサルタント
2003年、野村総合研究所に入社。経営コンサルタントとして、不動産、金融、総合商社、エネルギー業界などに関わるコンサルティングを行うと同時に、不動産投資市場、機関投資家の行動分析、コーポレートガバナンスなどのリサーチに従事する。

著書:「不動産投資市場の研究~1992年から2011年までの市場変遷と投資行動の二十年史~」(2013、東洋経済新報社)。工学修士、早稲田大学大学院理工学研究科。経営学修士(MBA)、The University of North Carolina at Chapel Hill

開催日時:
2014年6月4日(水)19:00-22:00(講演90分、懇親会90分)
開催場所:
Cafe & Dining フォレスタ虎の門 
東京都港区虎ノ門1-14-1 郵政福祉琴平ビル1F
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。ビュッフェ&フリードリンク)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。