2015/05/18mon.
【第52回】国内不動産投資市場と沸騰するアジア・マネー ~不動産を科学しよう~
講師:
ドイツ証券 小夫 孝一郎 氏
 
第52回不動産金融塾は、ドイツ証券 不動産投資銀行部ディレクター、DeAWMアジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド 小夫 孝一郎(おぶ・こういちろう) 氏をお招きして、「国内不動産投資市場と沸騰するアジア・マネー ~不動産を科学しよう~」というテーマでお話いただきます。

小夫 孝一郎氏は、第30回(2011年11月16日開催)に続き二度目のご登壇です。

グローバル・マネー、特にアジア・マネーの動き及びその影響を「不動産科学」という視点で分析し、今後のマーケットの行方を探っていただきます。

■セミナー概略
1.住宅市場:都心のマンションは今後も買いか?
2.不動産投資市場:沸騰するアジア・マネーとその影響
3.不動産賃貸市場:オフィス市況の回復は今後も続くのか?
4.質疑応答・ディスカッション

■講師メッセージ
安部政権誕生以来、日銀の量的緩和もあり国内不動産市場には多くの資金が流れ込んでいます。さらに足元の円安効果もあってアジア・マネーによる大型のクロスボーダー取引も目立つようになりました。本講演では「不動産科学」を提唱する講師がこれまでにない手法で不動産を分析し、アジアやグローバル市場との比較も交えながら不動産市場の行方についてご説明します。

(注)今回から新しい会場です。ご注意ください。ゆりかもめ 新橋駅から空中遊歩道を使っていただくと最短距離で到着します。アラジン(劇団四季)の看板下にある扉からお入りください。地下通路からお越しの場合、2階へはエレベーターを利用しないとあがれませんのでご注意ください。
小夫 孝一郎 氏
おぶ・こういちろう
ドイツ証券
不動産投資銀行部ディレクター、DeAWMアジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド
東京大学経済学部卒。1995年4月、住友銀行(現三井住友銀行)入行。2001年より同行ロンドン支店のシニアリサーチ・アナリストとして欧州不動産・テレコムセクターを担当。2006年より同行企業調査部にて建設・不動産チームのグループ長。2007年よりドイツ証券不動産投資銀行部旧RREEF(リーフ)日本リサーチヘッド、2013年よりアジア太平洋リサーチ&ストラテジー・ヘッド。「不動産にも科学を」と提唱し、東京大学や国土交通省、各種セミナーやコンファレンスで講義・講演多数。投資家向け不動産季刊誌『 ジャパン・クオータリー・レポート』、英語誌『Asia Pacific Real Estate Strategic Outlook(英語)』などを執筆。

開催日時:
2015年5月18日(月)19:00-22:00(講演90分、懇親会90分)
開催場所:
ラ・べファーナ 汐留店
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F
JR 新橋駅 徒歩5分、 ゆりかもめ 汐留駅 徒歩2分、都営大江戸線 汐留駅 徒歩2分

(注)今回から新しい会場です。ご注意ください。ゆりかもめ 汐留駅から空中遊歩道を使っていただくと最短距離で到着します。アラジン(劇団四季)の看板下にある扉からお入りください。地下通路からお越しの場合、2階へはエレベーターを利用しないとあがれませんのでご注意ください。
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。ビュッフェ&フリードリンク)
後  援: 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。