キャリア目標
(2008.04.06)
サブプライムローン問題、金融商品取引法施行、改正建築基準法施行、不動産価格の下落、株安、円高、政情不安定、マーケットの不安材料には事欠きません。

これらの諸問題は明らかに不動産金融マーケットに大きな変革を求めようとしています。

特にデットの信用収縮は今後大きく不動産金融業界に影響を与え、結果、不動産、プレーヤーの選別、調整を引き起こすと予測されます。

転職をするにあたっては、このことを十分に認識し転職先を選ぶ必要があります。

しかし、いわゆる勝ち組に転職をすることが必ずしも良い転職とは限りません。

自分のキャリアステージにあった職場を仮に短期間であっても選択することが自分の将来のマーケットバリューを高めることに寄与する可能性は十分にあります。

数年後の自分のキャリア目標をしっかりと持ち、それに適した職場を選ぶことがとても大切です。

ご相談はこちら>>