面接対策は必ずやりましょう
(2011.06.14)
面接は事前の準備がとても重要です。

単純な質問のほど案外答えられないものです。

特に大切なのが、冒頭の自己紹介。

これは必ず要求され、かつ100%事前に準備をすることができます。

『自己紹介が下手な人は仕事もできない』

と面接官が考えるのは当然のことではないでしょうか。

以下、面接で想定される質問を列挙しておきます。

面接に臨む前に必ず自分なりの回答を用意しておいてください。

1.自己紹介

・職務要約(何をしてきたか(しているか))
・自己PR(仕事、学業、スポーツ、趣味等で特筆すべきこと。モットー等)

【ポイント】職務要約を簡潔にわかりやすく説明できるか。自己PRが魅力的か。

2.転職理由/志望動機

・不動産ファンド業界を希望する理由
・希望職種とその理由
・当社への志望理由
 ・今の会社でそれを実現できない理由

【ポイント】独自のビジョン/価値観の有無。

3.人物について
・過去自分で達成したといえるもの
・過去一番つらかったこと(挫折したこと)
・過去一番うれしかったこと
・これなら人には負けないといえるもの
・これは頑張っているといえるもの
・将来の夢(希望)
・長所と短所

【ポイント】目標設定を自分でできるか。自己分析力。

4.業務について
 ・AMとPMの違い
 ・AMの課題
 ・今後の不動産マーケット
 ・Jリートと私募ファンドの違い。どちらに興味があるか、その理由
・業務上心がけているルーティン等

【ポイント】ビジネスの全体像を理解しているか。仕事を通して何を学んでいるか