面接官にしゃべらせる
(2012.07.06)
面接では自分をアピールしようという思いからついついしゃべりすぎてしまいます。

この道10数年のベテランヘッドハンターがおっしゃっていました。

「面接官:自分=8:2」ぐらいのつもりでしゃべって丁度「面接官:自分=5:5」になると。

良い面接(合格する面接)は、面接官がよくしゃべる面接とも。

面接官がよくしゃべる理由;

・候補者のことをもっと知りたい。

・候補者に会社の魅力を理解してもらいたい。

・候補者に自分(面接官)を認めてもらいたい。

面接官がよくしゃべるというのは、候補者を品定めするというスタンスではなく、候補者にこの会社を選んでもらいたいと考えはじめている証拠なのです。

「自己アピールを十分にできました」という面接がNGで、「面接官ばかりがしゃべって上手くしゃべれなかった」という面接が合格なんてことは珍しくありません。

面接官の質問への自分の回答に対して、面接官が何もコメントや追加質問をしてこないときは黄色信号。

自分の発言に対して面接官がそれの倍以上のコメントをしてきたり、どんどん発展質問がでてきたらしめたものです。

しかし、実際は面接官にしゃべらせるなんてことはやろうと思ってできることではありません。

面接官が必要以上にしゃべるのは候補者へのよい評価の現れ。

まずは面接官の質問に的確かつ簡潔に応えること。

「この人いいかも」

と感じれば、自然と面接官の口も滑らかになってくるものです。

※代表 梅小路学の2012年7月6日付ブログより転載