フォーカシング・イリュージョン
(2012.12.10)
TVで茂木健一郎氏が、「フォーカシング・イリュージョン」について言及していました。

フォーカシング・イリュージョンとは、学歴がないと幸せになれない、もしリストラさせれたら人生の破滅だ、この女性に振られたら生きていけないなどと、何かが自分の幸せの分岐点であると信じ込んでしまうという現象のこと。

確かにこれあります。

仕事で失敗したらどうしよう、好きな子を飲み会に誘って断られたらどうしよう、なんて不安は日常的にありますが、ほとんどのケースで、事前に心配していたような深刻な事態は起きません。

フォーカシング・イリュージョンの対策として茂木健一郎氏はよいことを言っていました。

・根拠のない自信を持つこと。

・そして、それを裏付ける努力をすること。

確かに!

まず第一に、自分自身に自信と誇りを持つこと、とっても大切です。

・自分に自信と誇りを持てる人は、人を敬い感謝することができる。

・人を敬い感謝することができる人は、人から必要とされる。

・人から必要とされる人は、ますます自信と誇りを持つ。

一度しかない人生有意義にすごしたいものです。

※代表 梅小路学の2012年12月10日付ブログより転載