好景気時は転職理由が大切
(2013.04.24)
最近、アベノミクス効果でJ-REIT市場が過熱し、不動産ファンド業界全体の景況感にも良い影響を与え始めています。

景気が良くなってくると各社業績見通しが改善し、求人が増え、転職のチャンスも広がってくる一方、同時に重要視され始めるのが実は「転職理由」です。

景気の悪い時は現職企業の業績が低迷し、先行き不安、給料カットなど、転職を希望するのもやむなしで、かつ求人も少なく、数少ないチャンスにトライするという意味合いが強く、転職理由はあまり問題となりません。

しかし、景気が良くなると、今まで低迷していた現職企業の業績が上向き、給料も上がり、止まっていたプロジェクトも動き始めたりします。

かつ、求人企業の数が増え、求人を選別する必要がでてきます。

その結果転職する際;

・現職企業をなぜ辞めたいと考えるのか?

・応募企業をなぜ志望するのか?

と面接官からかなり掘り下げて質問を受けます。

ここでしどろもどろになったら終わり。

しっかりと将来を見据えた自分なりのキャリアビジョンを持ち、今をきちっと棚卸して応募企業からみて魅力的な転職理由で転職活動をしましょう。