2008/08/29fri.
【第7回】大家と店子 ~ 古典落語の世界から
講師:
(社)落語芸術協会 真打 桂 右團治 師匠
 
第7回不動産金融塾は、夏の納涼特別企画といたしまして、(社)落語芸術協会初の女性真打でいらっしゃる桂右團治(かつら・うだんじ)師匠をお招きして、「大家と店子~古典落語の世界から」というテーマでお話いただきます。

急速な発展をとげてきた不動産金融業界ですが、いかに金融スキームが進化しようと、不動産価値は結局のところ、大家(アセットマネジャー/プロパティマネジャー)と店子(テナント)の関係に集約されると言っても過言ではありません。

不動産金融業界とは一見縁遠く思える古典落語には実は不動産にまつわる話が多数登場します。

特に「大家と店子」のコミュニケーションをテーマにしたお話の本質は、現代の世界においてもなお十分通じるものがあります。

普段とは趣向を変え、古典落語に耳を傾けながら、不動産価値の最大化のためにテナントに対してできることは何だろう?と思索にふけるのも一興です。

セミナーの後半には、ライブで古典落語をご披露していただきます。

古典落語に興味はあるが、寄席に足を運ぶほどでは、という方にもお勧めな企画です。

■セミナー概略
・古典落語とは
・古典落語と不動産
・実演:古典落語「大工調べ」

■講師メッセージ
今も昔も共通の人情、世の中のしくみを考察いたしましょう。
桂 右團治 師匠
かつら・うだんじ
(社)落語芸術協会 真打


【略歴】
昭和61年11月10代目桂文治に入門。小文となる。昭和62年3月早稲田大学法学部を卒業。平成3年2月 二ツ目に昇進。平成12年5月(社)落語芸術協会初女性真打に昇進。右團治となる。

【定期公演】
落語らくご(内幸町ホール、次回2008/12/25俳優座)、右團治噺(築地)、右團治を聴く会(氏家)、大江戸おんな寄席(三越劇場)、すみれ・右團治二人会─おんな仕事人─(日本橋亭)、「大江戸おんな寄席」日本橋劇場・次回2009/2/12

開催日時:
2008年8月29日(金) 19:00-20:10(終了後、懇親会を予定しています)
開催場所:
エムユーシー株式会社 ミーティングルーム(地図
定  員:
20名程度
参 加 費:
8,000円(懇親会の費用を含みます)
協  賛:
RMJ(リアルエステートマネジメントジャーナル)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。