2009/10/14wed.
【第16回】グローバル経済における金融システム
講師:
株式会社サタス インテグレイト 佐藤 一雄 氏
 
第16回不動産金融塾は、株式会社サタス インテグレイト 代表取締役社長 佐藤一雄 氏をお招きして、「グローバル経済における金融システム」というテーマで講演いただきます。

昨今の世界的な金融危機は、人類が長年作り上げてきた金融システムを根底から揺さぶりました。

今年日本では55年体制が崩壊、自民党が歴史的大敗を期し、民主党政権が発足。日本再構築に向けてスタートを切りましたが、金融システムの本格的な再生にはまだまだ課題が山積みです。

今回は、不動産シンジケーション協議会(現 社団法人不動産証券化協会)の生みの親である不動産証券化の第一人者 株式会社サタス インテグレイト 代表取締役社長 佐藤一雄氏に、リーマンショックの後遺症に苦しむ金融システムをグローバル経済という視点から具体例を交えながらわかりやすく解析していただきます。

■セミナー概略
1. 亀井大臣の「金融モラトリアム宣言」はどうなるか?
2. 銀行はなぜ不動産から金(かね)を引き揚げたのか?
3. ニューシティレジデンスはなぜ破綻したのか?
4. J-REITの意義とその復活シナリオ

■講師メッセージ
今回の世界的金融不況の中で金融の規制強化が叫ばれています。規制強化はある種の流行であり誰も反対できないが、それで本質的な解決になるのでしょうか?
佐藤 一雄 氏
さとう・かずお
株式会社サタス インテグレイト

代表取締役社長
略歴
 1964年4月            早稲田大学法学部卒 三井不動産(株)入社
 1986年4月~1988年3月   三井不動産販売(株)不動産運用部長(出向)
 1988年4月~1993年3月   三井不動産(株)レッツ事業部部長補佐
 1993年4月~1999年4月   不動産シンジケーション協議会専務理事(出向)
 1999年7月           (株)サタス インテグレイト設立 代表取締役就任

 わが国における投資不動産小口化商品第一号「トレンディ」の商品化。不動産の各種有効活用の提案・実施。大手不動産50社を集結した不動産シンジケーション協議会設立(1990年)に奔走。不動産特定共同事業法(1995年施行)制定活動に参画。不動産証券化関連法制度(資産流動化法、投信・投資法人法など)の整備につき建設省、大蔵省、自民党・民主党など各方面にわたり推進活動を行う。

開催日時:
2009年10月14日(水)19:00-20:30(終了後、懇親会を行います)
開催場所:
Cafe & Dining SCENE(シーン) 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル1F
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含む。本格イタリアン料理をお楽しみいただけます)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。