2010/05/26wed.
【第20回】外資投資ファンドは日本のマーケットをどう見ているのか?
講師:
オークツリージャパン株式会社 中村 博 氏
 
第20回不動産金融塾は、オークツリージャパン株式会社 代表取締役 マネージング・ダイレクター 中村博氏をお招きして、「外資投資ファンドは日本のマーケットをどう見ているのか?」というテーマでご講演いただきます。

リーマンショックから1年半が経過し、まばらではあるものの不動産マーケットにやっと動きが出始めた感があります。

J-REITによる新規物件取得、投資法人同士のM&A等の数が徐々に増えるとともに、新規に日本に進出してくる外資投資ファンドの話もちらほら耳にするようになりました。

「2010年の不動産マーケットはこれからどうなるのか?」は業界最大の関心事であり、それと同等に「外資投資ファンドが日本のマーケットをどうに見ているか」ということが気になるところです。

日本の不動産投資ファンドビジネスの第一人者の一人であり、J-REITの投資法人の買収・合併を手がける数少ない外資投資ファンド オークツリージャパン株式会社の代表を勤める中村博氏に、外資投資ファンドが日本のマーケットをどのように見ているのかという非常に貴重な不動産ファンドビジネス最前線のお話をうかがいます。

■セミナー概略
1.日本をどう見るか
2.日本に投資する理由は? 外資投資ファンドにとって日本は投資先それとも資金調達先?
3.なぜREITに投資したか
4.これからの投資対象はなにか
5.質疑応答

■講師メッセージ
投資銀行やファンドなどいわゆる外資系で長く仕事をしてきた一人として、今後の外資の対日投資を内部から見てどのように考えているのか、全部を鳥瞰する能力もありませんが、その目線をお話しできればと思っています。また、弊社ファンドはJREITのスポンサーにもなっており、REIT投資に対する見方、考え方、意見をお話ししたいと思います。
中村 博 氏
なかむら・ひろし
オークツリージャパン株式会社

代表取締役 マネージング・ダイレクター
1975年東京大学教養学部卒。東京銀行入行。1987年から1990年まで、バンカーストラスト銀行にてキャピタルマーケットの日本金融機関担当。 1990年から1997年にかけては、メリル・リンチ・ニューヨーク本社で、ディレクターを務め、投資銀行部門の不動産関連セクションにおいて、不動産投資アドバイザリー、ノン・リコース・ファイナンス、REITの組成などを担当。 1997年から1999年にかけてはモルガン・スタンレー証券のプリンシパルとして証券化業務グループの責任者を務めた。その後ムーア・ストラテジック・バリュー・パートナーズのマネージング・パートナーを経て、ストラテジック・バリュー・パートナーズの日本での活動の総括責任者に就任。2007年11月より現職。

開催日時:
2010年5月26日(水)19:00-20:30(終了後、懇親会を行います)
開催場所:
Cafe & Dining SCENE(シーン) 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル1F
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含む。本格イタリアン料理をお楽しみいただけます)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。