2013/12/10tue.
【第43回】これからの不動産投資市場を読むための着眼点
講師:
公立大学法人宮城大学 事業構想学部 教授
 田邉 信之 氏
 
第43回不動産金融塾は、公立大学法人宮城大学 事業構想学部 教授 田邉信之(たなべ・のぶゆき)氏をお招きして、「これからの不動産投資市場を読むための着眼点」というテーマでお話いただきます。

田邉信之氏は、不動産証券化の分野における経済学者の第一人者で、さまざまなシンポジウム・セミナー・著書にて既におなじみの方も多いと思います。

アベノミクス効果で不動産マーケットをとりまく環境は明らかに好転しているように見受けられます。

この一年で日本の不動産マーケットに何が起きたのか?そしてこれから何が起こるのか?

これからの不動産投資市場を読みとるための重要なポイントを独自の視点で解説していただきます。

■セミナー概略
1.不動産サイクルが意味するもの
2.アベノミクスの不動産市場への影響
3.見逃せない構造変化
4.日本を襲うグローバルスタンダード化の波
5.東日本大震災、被災地の復興に向けた課題

■講師メッセージ
いつの間にか、今年も1年間が過ぎようとしています。今年の不動産投資市場はアベノミクス効果などもあり、いっそう活性化しました。大きな金融危機などに巻き込まれなければ、来年以降は更なる飛躍が望めそうです。ただ、それは単なる回復や成長ではなく、市場の構造変革を伴うものになるでしょう。市場発展の歴史を振り返り、大きな潮流を掴むことで、これからの市場のあり方を共に考えていきましょう。

★2013年最後の不動産金融塾となります。忘年会を兼ねたいと思います。奮ってご参加ください。今年もビンゴ大会やります。
田邉 信之 氏
たなべ・のぶゆき
公立大学法人宮城大学 事業構想学部 教授

事業構想学部 教授
キャリア開発センター長
【略歴】
1980年京都大学法学部卒業。日本興業銀行に入行後、不動産業界調査、都市開発、不良債権処理、事業再編成、証券化など多様な不動産金融業務を経験。2009年4月より現職。専門は不動産投資・証券化、金融、ファイナンス。

【公職】
不動産証券化協会フェロー・教育資格制度委員長、コンプライアンス委員長。RICS(英国王立チャータードサーベイヤーズ協会)エミネント・フェロー・RICS JAPN代表、国土交通省「不動産市場における国際展開戦略に関する研究会」委員、財務省 「国有財産高等研修」講師、東北財務局「国有財産の有効活用に係る有識者懇談会」委員 等

【主な著書】
・「よく分かる不動産証券化とビジネス活用」(2008~、住宅新報)<<日本不動産ジャーナリスト会議・著作賞受賞>>
・「基礎から学ぶ不動産投資ビジネス」(2004年、日経BP社)<<不動産協会・優秀著作奨励賞受賞、ロングセラー>>
・「不動産投資のイノベーション」(2002年、ダイヤモンド社)など多数

開催日時:
2013年12月10日(火)19:00-22:00(講演90分、懇親会90分)
開催場所:
Cafe & Dining SCENE(シーン) 東京都港区赤坂1-6-8 井上赤坂ビル1F
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含む。本格イタリアン料理をお楽しみいただけます)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。