2014/09/29mon.
【第47回】空き家問題~1000万戸の衝撃
講師:
オラガHSC株式会社 牧野 知弘 氏
 
今回から不動産金融塾は、新しい会場にて開催いたします。ご注意ください。
 イタリアンレストラン ロイヤルガーデン(Royalgarden)
 東京港区虎ノ門1-11-7 文成ビル 地下1階
 銀座線 虎ノ門駅 4番口 徒歩3分、JR新橋駅 鳥森口 徒歩10分


第47回不動産金融塾は、オラガHSC株式会社 代表取締役社長 牧野知弘(まきの・ともひろ)氏をお招きして、「空き家問題 1000万戸の衝撃」というテーマでお話いただきます。

牧野知弘氏は、2014年7月に「空き家問題~1000万戸の衝撃」を執筆、時代にマッチしたタイムリーなテーマで大きな話題となりました。

少子高齢化が日々進行する日本にとって「空き家問題」は大きな社会的なテーマであり課題です。

日本の不動産に現実問題として何が起きているのか、そしてそれを誘発する構造的・本質的な問題は何なのかということをわかりやすく解説してくださいます。

そしてこの空き家問題を抱える日本の不動産に未来はあるのか。

あるとすると現実的にとりうる対策は何か。

とても興味深い議論展開が期待されます。

■セミナー概略
1.増加が止まらない空き家、その行き着く先
2.空き家が引き起こす社会問題
3.空き家問題の背景にある日本の不動産構造問題
4.問題解決のための処方箋
5.日本国の骨組みを変えよう!

■講師メッセージ
7月に総務省から発表された「住宅・土地統計調査」は世の中に大変大きな反響をもたらしました。5年に一度のこの発表では日本国内の空き家数が800万戸の大台を超え、史上最悪の数値を更新したばかりでなく、その増加基調が変わらないからです。

また、空き家は地方の問題と考えられていたのですが、実はこれから東京五輪が開催される2020年を迎える首都圏で、現在大量の「空き家予備軍」が存在することがあきらかになってきました。

これからの「賃貸住宅」や「分譲住宅」をどのように考えていったらよいのでしょうか。問題解決のための処方箋を考えつつ、日本国家の骨組みを変えていく壮大な取り組みについて語ります。どうぞご期待ください。

牧野 知弘 氏
まきの・ともひろ
オラガHSC株式会社
代表取締役社長
東京大学経済学部卒業。株式会社第一勧業銀行(現:みずほ銀行)入行。1986年 株式会社ボストンコンサルティンググループ入社(国内外の金融機関等の戦略コンサルティング策定)。1989年 三井不動産株式会社入社(オフィスビルのAM・PM業務、買収・開発業務、証券化業務)。2006年 日本コマーシャル投資法人(J-REIT)執行役員(代表者)就任、同年9月東京証券取引所に上場。2009年 株式会社オフィス・牧野およびオラガHSC株式会社設立(不動産事業の企画・プロデュース・アドバイザリー業務)。

【著書】
●なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか (祥伝社新書 2011年2月)
●それでも、あなたは新築マンションを買いますか (中央公論新社 2011年9月)
●なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか (祥伝社新書 2012年10月)
●だから、日本の不動産は値上がりする (祥伝社新書 2013年9月)
●空き家問題 1000万戸の衝撃 (祥伝社新書 2014年7月)

開催日時:
2014年9月29日(月)19:00-22:00(講演90分、懇親会90分)
開催場所:
イタリアンレストラン ロイヤルガーデン(Royalgarden)
東京港区虎ノ門1-11-7 文成ビル 地下1階
銀座線 虎ノ門駅 4番口 徒歩3分、JR新橋駅 鳥森口 徒歩10分
定  員:
50名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。ビュッフェ&フリードリンク)

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。