2017/08/29tue.
【第63回】ゼネコンを知らずして不動産を語るなかれ~ゼネコン業界大変身!!ビフォーアフター
講師:
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 水谷 敏也 氏
 
第63回不動産金融塾は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 エクイティリサーチ部 シニアアナリスト(建設担当)水谷 敏也(みずたに・としや)氏をお招きして「ゼネコンを知らずして不動産を語るなかれ~ゼネコン業界大変身!!ビフォーアフター」というテーマでお話いただきます。

水谷敏也氏は、米系金融専門誌 Institutional Investor誌建設部門11年連続1位(2016年殿堂入り)他数々の栄誉に輝かれている日本を代表するトップ証券アナリストです。

平成バブル崩壊後、長きにわたって斜陽産業として憂き目にあってきたゼネコン業界はこの数年で高収益業界として大きく変貌を遂げました。

不動産ビジネスとは切っても切れない深い関係にあるゼネコン業界の過去、現在、そして未来を独自の視点で解説していただきます。

■セミナー概略
1.ゼネコン業界は高収益業界と生まれ変わった(バブル期との相違点を整理する)
2.ゼネコン業界が高収益体質に変貌した3つの理由(人手不足、不動産業界との関係、商慣習の変化)
3.ゼネコン業界の収益拡大は、政策に則ったもの(アベノミクスとはインフレ政策推進によるデフレ脱却が骨子)
4.投資家は建設株をついてどのように見ているのか(株価が語る現状認識と将来像)
5.建設業界で起こっている地殻変動(業界再編、資金の使い途、国際化への道)

■講師メッセージ
バブル崩壊後、長きにわたって財務体質悪化、低収益に苦しんできたゼネコン業界は、高収益業界へ生まれ変わりました。何故、ゼネコン業界が高収益体質に変貌できたのか、独自視点でマクロ面、ミクロ面からアプローチしたいと考えております。独自な視点には、多くの仮説が含まれています。答えの見出し難い「仮説」について、ご一緒に考えていきたいと思います。

水谷 敏也 氏
みずたに・としや
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
エクイティリサーチ部 シニアアナリスト(建設担当)
【略歴】 1983年、中央大学経済学部卒。2000年に国際証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)に入社し、建設セクターアナリストとして現在に至る。
2004~2006年、週刊エコノミスト誌人気アナリストランキング建設部門第一位。
2006~2011年、2013~2016年、日経ヴェリタス誌アナリストランキング建設部門第一位。
2007~2017年、米系金融専門誌・Institutional Investor誌建設部門第一位(2016年に殿堂入り)。

開催日時:
2017年8月29日(火)19:00-21:30(講演60分、懇親会90分)
開催場所:
ラ・べファーナ 汐留店
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F
JR 新橋駅 徒歩5分、 ゆりかもめ 汐留駅 徒歩2分、都営大江戸線 汐留駅 徒歩2分
定  員:
60名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。イタリアンビュッフェ&フリードリンク)
後  援: 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。