2018/07/10tue.
【第68回】今注目される不動産特定共同事業とは?~小口化商品から地方創生事業まで
講師:
株式会社青山財産ネットワークス 東川 亨 氏
 
第68回不動産金融塾は、株式会社青山財産ネットワークス 不動産事業本部 アドバンテージ・AM企画事業部 部長 東川 亨(ひがしかわ・とおる) 氏をお招きして「今注目される不動産特定共同事業とは?~小口化商品から地方創生事業まで」というテーマでお話いただきます。

不動産特定共同事業法は、国土交通省管轄による不動産証券化ビジネスを司る法律で、要件が厳しく参入障壁の高い金融庁管轄の金融証券取引法よりも使い勝手がよいとの定評があり、新規参入事業者、投資家層からも非常に高い関心を集めています。

東川 亨 氏は、不動産特定共同事業法に基づく不動産小口化商品ビジネスの第一人者です。

そもそも不動産特定共同事業法とはどういうスキームなのか?その他のスキームとの違いは何か?最前線の現場から不動産特定共同事業法スキームの現状・今後の展望について解説していただきます。

■セミナー概略
1.不動産特定共同事業法とは
2.他の不動産証券化スキームとの違いは
3.なぜ、いま不動産特定共同事業(不動産小口化商品)が注目されているのか
4.不動産特定共同事業の新たな取り組みと、今後の可能性
5.質疑応答

■講師メッセージ
国交省は積極的な活用を推奨していますが、一般的には今ひとつ馴染みの薄い「不動産特定共同事業法」。一方で一部不動産関係者の間では注目されています。不動産特定共同事業の実績と今後の展開(可能性)について、現場で感じていることをお話しします。

東川 亨 氏
ひがしかわ・とおる
株式会社青山財産ネットワークス
不動産事業本部 アドバンテージ・AM企画事業部 部長
1989年立命館大学法学部卒業。宅地建物取引士・不動産証券化協会認定マスター。ゼネコンで不動産小口化、不動産ファンド2社で不動産証券化に携わり、20年以上不動産投資運用業務に従事。物件の仕入れから投資運用商品の 組成・運用、売却まで数多く経験。特にこの10年は不動産特定共同事業に関わる業務を主に担当。2017年「不動産特定共同事業法改正に伴うモデル約款検討委員会」に参加。

開催日時:
2018年7月10日(火)19:00-21:30(講演60分、懇親会90分)
開催場所:
ラ・べファーナ 汐留店
東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 キャニオンテラス2F
JR 新橋駅 徒歩5分、 ゆりかもめ 汐留駅 徒歩2分、都営大江戸線 汐留駅 徒歩2分
定  員:
60名程度
参 加 費:
男性8,000円
女性6,000円
(懇親会の費用を含みます。イタリアンビュッフェ&フリードリンク)
後  援: 一般社団法人不動産ビジネス専門家協会

【お知らせ】
今後の開催予定をメールにてご連絡いたします。メールをご希望の方はこちらよりお申し込みください。
※過去に不動産金融塾にご参加いただいた方、今回ご参加される方のご登録は不要です。
※ご登録いただく情報は、不動産金融塾の開催予定のご案内以外に使用することは一切ありません。