2017-06-28 09:19
不動産金融塾:講座スケジュール
不動産金融塾:開催報告
「第7回不動産金融塾(落語芸術協会 真打 桂右團治師匠)」開催報告
開催日 : 2008年8月29日(金)
テーマ : 「大家と店子~古典落語の世界から」
講 師 : 桂右團治(かつら・うだんじ)師匠
      (社)落語芸術協会 真打
協 賛:RMJ(リアルエステートマネジメントジャーナル)

第7回不動産金融塾は、(社)落語芸術協会 初の女性真打 桂右團治師匠をお招きして、「大家と店子~古典落語の世界から」というテーマでお話いただきました。

大家は、地主(オーナー)ではなく、店銭(賃料)を徴収するプロパティマネジャーであること、その役割や責任、また店子(テナント)と友好的な大家や、因業な大家がいて、大家と店子のコミュニケーションが古典落語のテーマとして多く取り上げられてるお話などを、実演(落語のライブ)を交えて面白ろおかしく解説してくださいました。

単に楽しめただけでなく、落語の歴史の解説、江戸時代の不動産の仕組みなど、大いに学びのある実り多き一夜となりました。

毎度RMJの西村編集主幹の乾杯の音頭で始まる懇親会にも遅くまでお付き合いいただき、参加者をとことん楽しませていただきました。

また、普段やっている中締めの一本締めが、実は本来の一本締めではないことを教わり、右團治師匠のよく通るこぶしの利いた掛け声で本来の一本締めをできたことも貴重な経験となりました。

(2008.08.29)